サウナの頻度・回数|サウナの入り方講座⑦

今回は「サウナの頻度」について解説します!

特にサウナ初心者の人は

  • サウナに通いたいけど、どのくらいの頻度で行けば効果が現れるの?
  • 通いすぎると体に悪影響なのでは?

と悩んでしまうこともありますよね。

実はサウナには健康や美容効果を引き出すおすすめの頻度があるんです!この記事ではサウナにおすすめの利用頻度と頻度別の効果を解説します。

最後にサウナの頻度を抑えるべき人・サウナの利用を控えるべき人の特徴を紹介するので参考にしてくださいね。

サウナに最適な頻度は週2~3回

結論から言うと、サウナに週2~3回のペースで通うと健康効果を得やすくなります。ここからはその理由と週2~3回のサウナ入浴で得られる効果を解説します!

週2~3回のサウナが推奨される理由

週2~3回のサウナが推奨される理由は「熱ショックタンパク質(ヒートショックプロテイン)」と呼ばれるタンパク質の効果を常に得られるようになるからです。

サウナで身体が温まり体温が38℃以上になると熱ショックタンパク質が増加するのですが、この熱ショックタンパク質には細胞の修復をする役割があり健康効果だけでなく美容効果も高いことがわかっています。

熱ショックタンパク質の効果は3日続くという研究結果もあることから、週2~3回サウナに入浴することで熱ショックタンパク質の効果を常に得られるようになるのです。

週2~3回のサウナ入浴で得られる効果

では、実際に熱ショックタンパク質が増えるとどのような効果が現れるかを紹介します。

熱ショックタンパク質が増加すると、

  • 免疫力アップ
  • 疲労回復効果
  • 美容効果
  • アレルギー改善効果

などが得られます。

また、熱ショックタンパク質が褐色脂肪細胞と呼ばれる細胞を活発にすることから「痩せやすい身体」を作れるなどダイエットにも非常に効果的です。

サウナは消費カロリーこそ少ないものの、ダイエットの補助的役割としては最適といえます。ダイエットに効果的なサウナの入り方はこちらで紹介しています。

サウナの頻度別の効果

おすすめは週2~3回のサウナ入浴ですが、環境によってはそんなに通えない人や、逆に毎日でも入りたい!なんて人もいますよね。

ここからはサウナの頻度別の効果を紹介します。

<週1回>心身のリラックスや気持ちの切り替えに◎

週1回のサウナ入浴は心身のリラックスや気持ちの切り替えに適しています。

サウナでは自律神経が整うためメンタルリセットに効果的です。週に一度のメンタルケアとしてサウナを使う経営者や著名人も多く存在しますよ。

また、週に1回のサウナ入浴でも健康効果は得られます。とはいえ週2回以上のサウナ入浴で得られる効果には劣るため、健康効果よりも心身のリラックスを重視する人や休日にしかサウナに行けない人におすすめです。

<週4~7回>健康効果◎ 環境が整っているならおすすめ

頻繁にサウナに通う環境が整っている人は週4~7回のサウナ入浴もおすすめです。

実はサウナによる健康効果がもっとも得られやすいのは毎日のサウナ入浴。毎日サウナに入ることで心筋梗塞やアルツハイマー、うつ病をはじめとする精神疾患の病気のリスクが下がるという研究発表もされています。

とはいえ毎日サウナに通える人は少数派。通いやすさの点からもサウナに最適な頻度は週2~3回であるといえます。

サウナの入浴を控えるべき人・頻度を減らすべき人

サウナには高い健康効果がありますが、なかにはサウナでの入浴を控えるべき人や頻度を減らすべき人もいます。
以下に当てはまる人はサウナの利用を控えるか頻度を減らしてくださいね。

子供・妊婦

子供や妊婦でもサウナに入っても問題ありませんが、脱水症状などのリスクを避けるためにも頻度は抑えるようにしましょう。

なかには小学生以下のサウナ利用を禁止している施設もありますので、子供を連れたサウナ利用では事前に施設のルールを確認してくださいね。

風邪気味の人

「ひき始めの風邪にはサウナが有効」という情報は誤りです。風邪気味の人はサウナを利用しないようにしてください。
感染症対策の観点からも体調が悪いときはサウナの利用は控えましょう。

二日酔いの人

「二日酔いにはサウナが効く」というのも誤った情報です。

二日酔いのときは軽度の脱水症状である場合が多く、サウナで汗をかけばもっと脱水症状が進んでしまいます。アルコールの分解が遅れてしまうので二日酔いの人はサウナの利用を控えてください。

もちろん飲酒直後の人もサウナの利用は厳禁です!

高血圧の人

サウナでは急激な温度変化が起こるため血圧が高い人は注意が必要です。特に降圧剤を服用している人はサウナを避けた方がよいでしょう。

医師から高血圧の指摘がない人は過度に心配する必要はないものの、体調が悪いときにはサウナの利用は控えてください。

心臓が弱い人

サウナは心臓に負担がかかります。心臓が弱い人は利用しないようにしてください。また、高齢の人も同様の理由からサウナの利用は控えるべきです。

ライフスタイルに合わせて好きな頻度でサウナを楽しもう

サウナの頻度について紹介しました。

健康効果と通いやすさを両立できる週2~3回のサウナ入浴がもっともおすすめですが、ライフスタイルに合わせて好きな頻度でサウナを楽しんでくださいね。

また、体調が悪い人や持病がある人はサウナを控えるか頻度を抑えてください。