サウナにダイエット効果ってあるの?|サウナQ & A

たくさん汗をかくことから健康的でダイエットにも効果的なイメージのあるサウナ。「運動ではなく、サウナで汗をかいて痩せられたら・・・」と考える方は多いようです。

そこで今回の記事では、

  • サウナの消費カロリーってどれくらい?
  • サウナでダイエットはできるの?

という疑問にお答えしていきます。サウナを利用したダイエットをお考えの方はぜひ参考にしてみてください!

サウナの消費カロリーはそれほど多くない

サウナの消費カロリーは1時間で150kcal程度とされていますが、1時間続けてサウナに入ることはできないため実際には半分の75kcal程度。(「サウナ→水風呂→外気浴」の一般的なルーティンを10分で3セットほど行った場合の消費カロリー)

一般的な75kcalの目安は、

オレンジジュース(100%) 1/2缶
ポテトチップス 1/3袋
ビスケット 5枚
大福(70g) 1個
カップアイス(200g) 3/8個
おにぎり 1/2個
ラーメン 3/8杯
缶ビール(350ml) 1本

汗をかくイメージのサウナとしては、思ったより少ないのではないでしょうか。

また、「できるだけ長くサウナに入れば消費カロリーも増えるのでは」とお考えの方はご注意を。長時間のサウナは非常に危険です。

長時間のサウナはかえって疲労につながるともいわれていますので、長くても15分程度で出て休憩するようにしましょう。

サウナをメインとしたダイエットは効果的ではない

結論として、サウナのみでのダイエットは効果的ではないといってもよいでしょう。

30分のウォーキングの消費カロリーが90kcal程度とされているので、残念ながらサウナの消費カロリーはそこまで大きくありません。

サウナ後に体重を測定すると大体500g程度体重が減少することから「サウナ=痩せる」といったイメージが先行していますが、体重が減少しているのは汗として水分が排出されたから。水分を補給すれば体重も元に戻ります。

サウナはダイエットの補助に最適

サウナは消費カロリーこそ少ないものの、ダイエットの補助的役割としては最適といえます。

理由としては、

  • 血の巡りを改善し代謝が上がるから
  • 乳酸を排出するから
  • 脂肪を燃やす細胞が活発化するから

これらの3つに分けられます。それぞれ詳しく解説していきます!

血の巡りを改善して代謝が上がる

サウナで体を温めると血の巡りが良くなります。

その結果代謝が上がり体の各器官の働きが向上するため、脂肪を燃焼しやすくなる「痩せやすい体」へと体質が変化していくのです。

乳酸を排出する

サウナで血行が改善すると体内に溜まったゴミや毒素などが排出されます。そのなかでも脂肪を燃やしにくくしてしまう乳酸を排出できるのはサウナならではのメリットです。

乳酸は汗と一緒に流れ出ます。サウナの消費カロリーは運動には劣りますが、運動では乳酸は排出されないため両者を組み合わせることでダイエットの効果が高まります。

脂肪を燃やす細胞が活発化する

サウナで汗をかいているときの体温は大体38℃くらいです。人間は体温が38℃以上になるとHSP(ヒートショックプロテイン)と呼ばれるタンパク質が増えるといわれています。このHSPには脂肪を燃やす細胞を活発化させる役割があるためダイエットに効果的なのです。

HSPが増加すると

  • 免疫力の向上
  • 代謝の向上
  • 低体温の改善
  • 美肌効果

など、脂肪燃焼以外にも嬉しい効果が現れます。

ダイエットに効果的なサウナの入り方

サウナのルーティンといえば「サウナ→水風呂→外気浴」の流れが一般的ですが、ダイエット効果を高めたい方のため水風呂やシャワーの時間を入れずに汗を出し切る「繰り返し浴」をご紹介します。

繰り返し浴の方法

  1. 湯船に浸かり体を温める
  2. 高音のサウナで10~15分汗を流す
  3. 5~10分休憩する
  4. サウナに8分入る
  5. 5分休憩する
  6. 4~5をサウナの入浴時間を2~3分短縮しながら繰り返す

ポイントは汗をしっかりかくこと。落汗減量浴とも呼ばれ特に皮下脂肪を落としたい方に効果的です。

サウナを利用したダイエットで気をつけること

サウナでダイエット効果を高めるために気をつけるべきポイントを解説します。ダイエットのためにサウナを利用する方は以下を意識すると効果的です。

サウナ後の食事はヘルシーに

サウナの後の食事は野菜メインのヘルシーなメニューにして、食べ過ぎにも気をつけましょう。

サウナで汗をかいたあとは食欲が増進するため、食事が非常に魅力的に見えますよね。さらに胃腸の消化吸収能力も活発になるため、普段より多くのエネルギーを吸収してしまいます。

暴食を防ぐためには

  • サウナ前に食事を済ませる(満腹はNG)
  • サウナ前にあらかじめ食事のメニューを決めておく

などの対策をしておくことをおすすめします。

長期的な体質改善の意識を持つ

サウナに限らずですが体質改善は短期間では叶いません。長期的に緩やかに体質改善していく意識を持ちましょう。

また、サウナは毎日入る必要はありません。効果が出やすいのは週2~3日のサウナ入浴といわれています。サウナには疲労を軽減する効果もあるため、運動後のご褒美に利用するのもおすすめです。

サウナで痩せやすい体作りをめざそう

サウナの消費カロリーやダイエット効果について解説しました。

サウナそのものの消費カロリーは約75kcalと少ないものの、体質改善には非常に有効です。運動と組み合わせれば効率的なダイエットが叶います。

あなたもサウナで痩せやすく健康的な体を手に入れてくださいね!